有名な施設

有名な施設 - 奈良の宿

奈良の宿

有名な施設

歴史で有名な奈良には、多くの歴史にちなんだ施設があります。
たとえば、奈良時代に詠まれた万葉集。
明日香村には万葉文化会館があり、万葉図書・情報室が設置されています。
また、万葉集で有名な天香具山の入り口には万葉の森があり、万葉集に登場する植物73種が植えられています。

周辺に東大寺や興福寺、奈良国立博物館などが点在する奈良公園は、歴史スポット巡りで一息をつける休息速の場所。
その広大な敷地に、1200頭以上の鹿がいることでも知られています。
可愛い鹿たちですが、鹿せんべいを与えるときは、噛まれないように要注意。
また、奈良公園の周囲を車で走るときには鹿の飛び出しにも気を配らないといけません。

世界遺産であり、国立公園にも指定されている吉野山。
桜の名勝「千本桜」としても親しまれています。
ここには吉野駅から吉野山へ向かう交通機関として、ロープウェイがあります。
このロープウェイ、実は1928年に建設された支柱でいまだ運行し続けている年代物で、これほど長く使われている支柱は日本には他にありません。
そこで2012年、日本機械学会は「機械遺産」としてこのロープウェイを指定しました。
20世紀に作られたロープウェイもまた、奈良の歴史を刻む施設と言えるでしょう。

奈良にはまだまだ、たくさんの施設があります。
こうした施設を利用しながら奈良の歴史を探訪するのも、奈良の醍醐味ですね。