奈良ホテル

奈良ホテル - 奈良の宿

奈良の宿

奈良ホテル

奈良にあるホテル

奈良のホテルで取りも直さず有名なものは、やはり奈良ホテルでしょう。
奈良ホテルは1909年に開業した、戦前に建設されたクラシックホテルのひとつで、関西の国賓・皇族の迎賓館に準ずる役割を担っていました。
ゆえに、宿泊した著名人は国内外を問わず、数知れません。
また日本万国博覧会が1970年に大阪で開催される際には、事前に改修・拡張され、さらに1970年代末には新館建設を始めました。
その一方では別館が採算性の問題で閉館になる、ということもありました。
このようなホテルがあるのも、歴史ある奈良であるがゆえです。

ほかに有名なホテルでは、ホテル日航奈良ホテルがあります。
1998年に開業し、2005年にリニューアルしました。
このホテルは奈良で最大の規模を誇り、奈良では景観保持のために建物の高さが決められているなか、高さ46mという奈良で最大のビルディングです。
もちろん、景観保持のために興福寺の五重塔47mよりは低くなっています。

歴史ある宿泊施設では、吉野に竹林院 群芳園という由緒ある宿坊があります。
竹林院そのものは聖徳太子の時代に遡り、椿山寺と称されました。
その後1385年に、竹林院と改められました。
そうした古来から、修験道に励む山伏たちの宿坊として利用されたのがこの群芳園です。
群芳園の庭園は大和三庭園のひとつでもあり、千利休の作、細川幽斎の改修と言われています。

神戸にも人気のホテルはたくさんあります。
ネット検索では神戸ベイシェラトン ホテルの公式ページがよく見かけます。 近隣の神戸のマツエク詳細にはたくさんのまつげエクステサロンが詳細されているようです。 このように「日本の故郷」と呼ばれる奈良には、日本を代表するホテルや旅館が多々あります。
旅行のなかで泊まるというより、旅行の目的地がホテル、になってしまいそうです。