奈良で宿泊

奈良で宿泊 - 奈良の宿

奈良の宿

奈良で宿泊

宿泊するときの目的は、いろいろあるでしょう。
旅やビジネスで、一夜を過ごすこともあるでしょうし、強度料理や温泉を楽しみたくて泊まることもあるでしょう。
そうしたよくある宿泊以外に、奈良独特の宿泊、というのあります。
今回はそれを少しご紹介します。

まずは、泊まることそのものが記念になる、そんな宿泊です。
奈良でもっとも格式あるホテル・・・それは奈良ホテルです。
明治に開業したこのホテルは、関西の迎賓館として多くの国賓、皇族を迎え入れました。
1970年に大阪で万国博覧会が開催された際にも、海外の著名人が数多く宿泊しました。
まさに、歴史あるホテルです。
もとは国営でしたが、今では株式会社奈良ホテルとして民間が運営しており、宿泊だけでなくブライダルにも利用できます。

次は、学ぶことのできる宿泊場所です。
奈良市内、中世に興福寺の一院があった場所に立てられた国際奈良学セミナーハウスがあります。
ここでは宿泊と奈良の情報提供を受けることができます。
土塀より門をくぐると、興福寺の子院「旧世尊院」があり、その左手に宿泊棟があります。
奈良国立博物館や、東大寺などの名所に程近いのも特徴です。

最後に、奈良の自然を体験できる農家民宿を紹介しましょう。
この奈良の農家民宿は、奈良県が観光施策として支援しています。
民宿では季節の野菜や山菜をふんだんに使った郷土料理などの、農家ならではの食事を味わえます。
また、農作業や薪割り、五右衛門風呂などを体験できるなど、都市部では経験できないものがたくさんあります。

ほかにも奈良には、洞川をはじめとする歴史ある宿場町や、十津川のような温泉宿もあります。いろいろな目的で奈良の魅力を満喫したいところです。